エコ住宅

Untitled document

エコ住宅

当社は環境に優しい”エコ住宅”を推奨しています。

(様々なエコ住宅基準をご紹介いたします。)

.侫薀奪硲械鬼霆

1) 木造の住宅(耐火構造の住宅及び準耐火構造(省令準耐火構造を含む)の住宅以外の住宅)は、一戸建て又は連続建てとします。
(2) 耐火構造の住宅内の専用階段は、耐火構造以外の構造とすることができます。

断熱構造

断熱構造
(1) 住宅の各部は、気候条件に応じ、室内の温度を保ち結露を防止する構造とします。
(住宅性能表示制度の省エネルギー対策等級2レベルの内容です。)
(2) グラスウール等の繊維系断熱材等の透湿抵抗の小さい断熱材を使用する場合は、断熱材の室内側に防湿層を設けます。ただし、次のア〜エのいずれかにあてはまる場合は除きます。
  VI地域の場合
コンクリート躯体又は土塗り壁の外側に断熱層がある場合
床断熱において、断熱材下側が床下に露出する場合又は湿気の排出を妨げない構成となっている場合
断熱層が単一の材料で均質に施工される場合で、次式の値(T)が断熱地域区分に応じて、次表の値以上となる場合

▲侫薀奪硲械毅售霆

【フラット35】Sの対象となる住宅は、【フラット35】の技術基準(新築・中古)に加えて、以下の技術基準を満たしている住宅であることが必要です。

【フラット35】S(金利Aプラン)

(新築住宅・中古住宅共通の基準)

次の(1)から(5)までのうちいずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること
省エネルギー性 (1)「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業主の判断の基準(通称 トップランナー基準)」に適合する住宅(一戸建てに限る)
(2)認定低炭素住宅
耐久性・可変性 (3)長期優良住宅
耐震性 (4)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅
バリアフリー性

(5)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)

 次のいずれかの書類の交付を受けた住宅です。
  • エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年法律第49号)に規定する登録建築物調査機関が発行する「住宅事業建築主基準に係る適合証」住宅省エネラベルの評価業務欄に印が付いている機関に限られます。)
  • 住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する登録住宅性能評価機関が発行する「エコポイント対象住宅証明書または「エコポイント対象住宅証明書(変更)」
    *エコポイント対象住宅判定基準が「住宅事業建築主基準」に該当するとされたものに限ります。

【フラット35】S(金利Bプラン)

(新築住宅・中古住宅共通の基準)

次の(1)から(5)までのうちいずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること
省エネルギー性 (1)省エネルギー対策等級4の住宅
耐久性・可変性 (2)劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅(共同住宅等については、一定の更新対策が必要)
耐震性 (3)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅
(4) 免震建築物
バリアフリー性 (5)高齢者等配慮対策等級3以上の住宅
(注)(1)から(5)までの技術基準は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の性能等級等と同じです。
住宅性能評価書を取得しなくても【フラット35】S(金利Bプラン)をご利用いただけます。
※一定の更新対策とは、躯体天井高の確保(2.5m以上)及び間取り変更の障害となる壁または柱がないことです。
※ 免震建築物は、住宅性能表示制度の評価方法基準1−3に適合しているものを対象とします。

(中古住宅特有の基準)

次の(1)から(4)までのうちいずれか1つ以上の基準を満たす住宅であること
省エネルギー性
(開口部断熱)
(1)二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅
省エネルギー性
(外壁等断熱)
(2)建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうち【フラット35】S(省エネルギー性(外壁等断熱)に適合するもの)として登録された住宅
バリアフリー性
(手すり設置)
(3)浴室及び階段に手すりが設置された住宅
バリアフリー性
(段差解消)
(4)屋内の段差が解消された住宅
※このほか、新築時に【フラット35】を利用して建設された住宅等、省エネルギー対策等級2相当以上の住宅であることが確認できる場合は
 中古住宅の【フラット35】S(金利Bプラン)をご利用いただけます。
※ 中古マンションらくらくフラット35のうち【フラット35】S(省エネルギー性(外壁等断熱)に適合するもの)として登録された住宅については、
「中古マンションらくらくフラット35物件検索」でご確認いただけます。
 

オール電化住宅

(オールでんかじゅうたく)は、調理、給湯、空調(冷暖房)などのシステムを全て電気によってまかなう住宅のこと。

で定長期優良住宅

認定長期優良住宅の基準としては、

・耐震性(大きな地震でも倒壊しない安全な住宅)
・耐久性能(劣化対策が検討されている)
・維持管理・更新の容易性(住宅のメンテナンスが容易に行える)
・住戸面積 (快適な広さが確保された暮らしやすい家)
・省エネルギー性(環境にも家計にもやさしい家)
・居住環境(地域環境と調和した住宅)
・維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)

といった項目が掲げられています。

★環境に優しいエコ住宅は、健康と経済面にも優しので

工夫しながらお住まい作りを設計されては如何でしょうか。

詳細は当社までお問い合わせくださいませ。

 


住所からえらぶ
路線からえらぶ
他の条件からえらぶ
千葉エリア人気物件特集 自己資金なしで一戸建て購入 携帯サイト