不動産売買成功のためのノウハウ

Untitled document

売り買いする前に知っておきたい情報

気に入った物件を目の前にしたとき、誰でも冷静な判断ができない!
今買うべきか、もう少し待ったほうが良いのか?
ローンの支払いは、適正な金額なのか?
登記簿の権利関係は、大丈夫なのか?

など
冷静に判断し的確に決めていけるスキルのある不動産業者を探しましょう。

1)不動産売買購入のノウハウ

・どのような物件が安くなりますか?

物件により異なりますが、価格が下がり易い売却理由として
’禊垢┐両豺隋         
先に購入物件が決まっていて、売却物件にローンが
残っている場合、売主は購入物件と売却物件の
ダブルのローンになるのが嫌なので、価格を下げても
売るケースが多いです。


∈通垣依物件
住宅ローンを滞納等していて、売却の決定権が
銀行にある場合があります。 
このような場合、銀行は相場より安くても早期売却を
優先させます。


A蠡格件
遺産分割や相続税支払いの為に、
早急に売却しなければならないケースが多くございますので、
大幅な価格交渉が出来る場合があります。


・不動産購入後の補償について?


売主が宅建業者か個人かにより代わります。

宅建業者の場合引渡日から2年間補償となります。
(契約書に2年未満の補償記述があっても無効になります)

個人契約の場合、契約書に明記しますが
2ヶ月の補償が一般的になっています。

主な補償の範囲は雨漏り、シロアリ、地盤沈下、
給排水管の故障、主要部の腐蝕などです。


2)売却のノウハウ

・売却にリフォームは必要ですか?

一般的には、ある程度リフォームして売却した方が
早く高く売れます。
中でも壁紙の張替えはコストも安く大きな効果があります。

「注意」物件によってはリフォームをしない方が良い場合も
ありますので、ご注意ください。

・何社位に依頼したほうが良いですか?

2〜3社が良いと思います。
1社ですとライバル会社が無い為、担当会社に価格や条件面を
うまくコントロールされてしまう場合が多いです。

また多すぎると、物件情報が重なって出てしまい売れていない
印象になり、かえって売れなくなる事もあります。

結論、物件は共有されますので、何社にも出す必要はありませんが、
1社だけですと、価格面をコントロールされるケースが多いので、
出来れば毛色の違う不動産会社2〜3社にお願いするのがベターです。

・どの位の期間で売れますか?


物件により異なりますが、3ヶ月位です。
あまり長引くと購入者より売れ残り物件と見なされ、
大幅な価格変更が必要になります。

・査定額がバラバラだったのですが?


不動産の査定金額は過去の近隣の成約事例と現在の売り出し物件を
元に出す金額ですので、相場の金額の話しであって、
会社によって大きなばらつきがあってはいけません。

しかし、査定価格を高く言った方が、売主様が高く売ってもらえると思い込み、売却依頼をいただけるケースが多いので、本音と違う金額を業者が多くなっております。

本来は、売主様に現在の自宅の査定価格を知ってもらい
少しでも高く売る努力をするのが
仕事のはずなのですが・・・・・・・・・


住所からえらぶ
路線からえらぶ
他の条件からえらぶ
千葉エリア人気物件特集 自己資金なしで一戸建て購入 携帯サイト